「読書+αタイム」ながら美容で顔も体もリフレッシュしよう!

ゆっくりできる夜なのに、ついスマホにばかり時間を割いてしまう……。そんな人も少なくはないでしょう。たまにはスマホを手放して、本を読む時間を持つと心身の疲れが軽減されるかも。しかも本を読んでいるだけなのに、プラスαのアイテムを使うことで、ふつうの読書タイムが美容にも良い時間になっていたらうれしいですね♪今回は、そんなアイテムをご提案します。気になる物があったら、試してみてはいかがでしょう。

本を読みながら、ホットワインはいかが?

夜に本を読むならば、少し大人っぽくホットワインはいかがでしょう。ワインはお肌にいいといわれる、ポリフェノールを多く含みます。本の世界に没頭しながら、ホットワインを楽しむ夜はいかがでしょう。

ホットワインは、もともとドイツで開かれるクリスマスマーケットで出される定番の飲み物。ワインと共に、シナモンやクローブ、スターアニスなどのスパイスと柑橘系のフルーツを温めて作ります。

作り方は、上記の材料を温め沸騰直前で火を止め、スパイスを取り出せば完成です。

体がとても温まるのでキャンプなどでも作られています。

レンジを使えば簡単に作ることもできるので、日常的に楽しめますよ。フルーツを切らしている場合は、入れなくても十分フルーティでおいしいです♪

なかでも簡単でおすすめなのが、柑橘系のフルーツをマーマレードに置き換えたレシピ。マーマレードも、もとは柑橘系の果物からできていますが、砂糖がたっぷり入っているので甘さ控えめなタイプを選びましょう。

ちなみにホットワインは熱することで甘さが増すのか、とても飲みやすいのが特徴です。本の世界に入り込んで気づいたらワイン1本分開けていた!なんてことのないように、ほどほどにしてくださいね。

パックでふっくら目元に

View this post on Instagram

#instagram #shima #happy #人形

I_am_.LINA____さん(@ri.na3038)がシェアした投稿 –

本を読みながらパックをして、お肌ぷるぷる。というのが王道の美容法でしょう。しかしお酒(ホットワイン)を飲みながらのパックは、少々気を使ってしまいます。

そんな時に便利なのが、目元専用のパックです。お気に入りのアイパックを常備しておくと、乾燥が気になった際に目元や口元のパックができるのでおすすめです♪

目元の乾燥によるシワは、放っておくとそのまま深いシワになってしまう可能性が…。怪しいなと思ったら放っておかないことが鉄則。しっかりとケアして、いつでもうるぷる肌を目指しましょう!

QUALITY 1st(クオリティファースト)の「ディープモイストアイマスク」は、トロッとしたテクスチャーで液だれがしにくいのが特徴です。そのため、比較的あつかいやすいです。美容液がたっぷり染み込んだアイマスクを目元につけて、ハリのある目元を目指しましょう。

足のむくみはその日のうちに、リフレッシュしよう

本を読みながら太ももや足の裏をローラーでコロコロすると気持ちがいいですよね。でもオイルをたくさんつけ過ぎると、手や本が汚れてしまいがちです。

そんな時の救世主は、寝ながらむくみを取ってくれる着圧ソックス。履くと翌朝のしんどさがかなり軽減されますよ♪

太ももまでの長さがあるタイプを選ぶと、足全体のむくみを取ってくれる頼もしいアイテムです。夜寝る用というだけあり、ほどよくサポートしてくれ着圧ソックス初心者さんにもおすすめです。

顔も身体もきれいになれる読書法で、1日をリセット

今回ご紹介した「読書をしながらでもできる美容法」は、スマホなどを手放してゆっくりしたい夜におすすめしたいリラックス方法でもあります。
夜のひとときに、本とホットワイン片手にお肌もうるぷるになれたら、すてきです。心身共にリフレッシュして新しい朝を迎えましょう♪