今年の私はひと味違う!バレンタイン直前にマスターしたいチーク&リップメイク4選

チョコレート作りも大切ですが、一番力を入れたいのがメイク!そこで今回は、バレンタイン直前におさえておきたいチーク&リップメイクを4選ご紹介します♡「何か垢抜けた…?」と言ってもらえるFACEを目指してくださいね♪

メリハリメイクでポイントを押さえた垢抜けFACEをつくりましょう♡

「ビビッドなリップに合わせるチークの色を知りたい」「可愛く見えるメイクをしたいけれど、リップとチークが同色だとぼやけた印象になってしまう」など、メリハリをつけるメイクのポイントが分からずお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなあなたに向けて、リップとチークの合わせ方のコツと共にバレンタインに向けたチーク&リップメイクをご紹介します!

赤リップ×オレンジチークでヘルシーな印象に

赤リップとオレンジチークは、簡単に元気な印象を与えてくれるので何かと重宝するカラー。

赤リップは、直塗りでも◎ですが、指でポンポンと叩き込んでつけることで自然に馴染むのでオススメです。その際、唇の中央部分を濃いめに、端につれて薄くグラデーションしていくのがコツ。

また、透明感のあるグロスを重ねると、ジューシーな印象を与えてくれるのでオススメです。

オレンジチークは笑った時に頬の一番高い部分に入れると自然に仕上がります。ブラウン系は肌がくすんで見えるので、なるべく明るめのオレンジを選ぶのがポイントです♡

ピンクリップ×ピンクチークで甘々に♡

女性らしく見える定番カラーはやっぱり「ピンク」!!赤に近い鮮やかなピンクのルージュを使うと、甘いながらも大人のかっこよさが漂うバランスの良いメイクに仕上がります♪

全体的にぼやけてしまいがちなピンクメイクをキリッと引き締めてくれる効果もあるので、オススメです♪

ふんわりとした柔らかく女性らしい印象を与えてくれるピンクのチークは、クリームチークを使用して肌にポンポンと叩き込んでつけていくと、ナチュラルに上気したオフェロ顔に♡

鮮やかな発色で色持ちが良いので、ここぞという時に大活躍しますよ!

ノーチークでリップが主役メイク

あえてチークを使用せず、主役級のリップで際立たせるのも◎。顔の印象がぼやけてしまうのを防ぐために、ハイライトやシェーディングで立体感を出すのはもちろん忘れずに。

パープルの下地は肌のくすみをカバーしつつ透明感を演出してくれるので、コントロールカラーとして必須です。顔の中心から外側にかけて塗り込んでいきましょう。

リップは、青みピンクのリップや濃いめの色をチョイスすると白肌を強調してくれるので、オススメです♡

リップ重ねづけ+ベージュ系チークでナチュラルながらも存在感を発揮

普段使っているリップの上にワントーン濃いカラーを重ねづけすると、立体感が出て「ぷるん」とした印象を与える唇が簡単につくれます♪保湿効果が増すので、縦じわのカバー効果も◎。

コーラルピンクのリップにブラウンレッド系のリップを重ねると、深みが加わりワンランク上の垢抜けメイクに仕上がります。

チークは、ベージュ系を選ぶと華やかになりすぎず、大人っぽく洗練されたイメージに。オフェロメイクとは異なり、頬の高めの位置に縦長に入れるのがコツです。

バレンタインはメリハリをつけて、とびきりのフェイスで臨んで♡

「リップメイクを際立たせるためにノーチーク」「ピンクのカラーで統一する」など、特別なバレンタインの日のメイクはバランスが命!「徹底的に盛る」のではなく、あえてナチュラルなメイクをベースにしつつ、顔のパーツごとにメリハリをつけて臨むとがらりと印象が変わるかも。ぜひチャレンジしてみてくださいね♡